無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
師匠
 今日(もう昨日になりますが)は、亡き師匠の命日でした。



11年前の春、師匠と出会い、独立するまでの7年半で沢山のことを教わりました。

大酒呑みでいつもへべれけに酔っ払っていた師匠。いつも苦労して家まで送り届けたことを思い出します。

頑固オヤジで気難しい反面、とんでもなく面倒見がよく、度が過ぎるほどのお人好し。何とも憎めない不思議な魅力を持った人でした。


『人間はみんないいところがある。人のいいところだけを見なさい』

師匠の口癖、最近になって、やっと少しだけ解ってきたような気がします。

辛いとき、悩みがあるとき、気が付けば師匠のことを思い出しています。


自分もいつか師匠のようになれるだろうか?





師匠のお墓の傍を、小さな草亀が歩いていました。
近づくと頭を引っ込め、少し離れて見ていると、またゆっくり歩き出します。


『慌てるな。ゆっくり歩けばええ』


そう師匠が語りかけてくれている気がしました。





| のらうし | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://e-bulls.jugem.jp/trackback/10