スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
最後の授業
カーネギーメロン大学の終身教授、ランディ・パウシュ氏。
 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A5

病で余命いくばくもない氏が、2007年に行った講義を撮影した動画です。
 
堅苦しい学問の話や、自身が置かれている境遇についてのセンチメンタルな話は一切なく、氏がどのように生き、いかに人生を楽しみながら夢を実現してきたか、専門分野であるコンピューターサイエンスの世界での取り組みを交えながら、その過程で得た智恵や教訓を、ユーモアに溢れる語り口でストレートに伝える内容です。


楽しむこと、諦めないこと、思いやりをもつこと…。

 
決して特別なことを言っているわけではありませんが、運命を受け入れた人間が最後に伝えようとする言葉は、心に沁みます。

氏の『人の一番いいところを探すこと』という言葉は、奇しくも、今は亡き我が師匠の口癖と全く同じもので、個人的には一番心に響きました。

 
大変長い動画ですが、未見の方は是非ご覧下さい。



| のらうし | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://e-bulls.jugem.jp/trackback/26